冴えない会社員の育て方

How to Raise a Boring Office Worker

【安達としまむら】Adachi and Shimamura 1巻紹介【2人のさぼり高校生】

一緒に授業をサボっている安達が「ピンポンしよう」と言い出したことが、わたしたちの間に密やかな卓球ブームを生むことになった。

Those words Adachi spoke while skipping class with me, “Let’s go play ping-pong”, would eventually turn into a small-scale table tennis craze between us two.

 

f:id:micchannko:20200905131125j:plain

電撃文庫 安達としまむら 1巻

 

 

あらすじ

安達桜と島村抱月。2人の女子高生は、学校の体育館の2階で出会い、友達になった。彼女たちは料理、友達、テレビ番組、卓球について話して時間を過ごす。2人の友情が進むにつれ、安達はしまむらに違った感情を持ち始める。安達は内に秘めた気持ちを乗り越えられず、しまむらと少し違った時間を過ごし始める。

Sakura Adachi and Hougetsu Shimamura. The two high school girls became friends after they met on the second floor of the gymnasium in their school. They spend their time talking about cooking, friendship, TV shows, and ping pong. 

As the two progress their friendship Adachi starts to feel differently about Shimamura. Unable to get over the feelings inside Adachi starts to spend time with her friend a little differently.

 

感想

岐阜が舞台のほのぼの作品。

サボり仲間の2人のゆるいやり取りから物語が始まります。

2人の心情が丁寧に描かれているので共感しやすいです。

しまむらの人付き合いを面倒くさく思う気持ちも何となく分かります。

そして安達は、8巻から読み返すととても新鮮。

しまむらに夢中になる前のクールな安達が見られます(笑)。

安達もしまむらもとにかく可愛い。

2人の今後にソワソワしてしまう、おすすめの作品です。

The story switches back and forth between Adachi and Shimanura's perspectives.

 

以下ネタバレ注意。

 

 

 

 

 

1巻のエピローグ

しまむらと特別でありたい。

I wanted to be special to Shimamura.

変な意味はない、本当にない。
Not in a weird way, and I really don't meant that.

しかし特別であるのなら、変でも構わない。

Although, I wouldn’t necessarily mind it being weird as long as it was special.

ようするに、好きなんだろうなあと思った。

In short... I might have been in love.

 
安達としまむら (電撃文庫)

安達としまむら (電撃文庫)

  • 作者:入間 人間
  • 発売日: 2014/08/16
  • メディア: Kindle版